FASHION REVOLUTION
Japan

FASHION REVOLUTION JAPANのイベントは無事終了いたしました。
ご来場・ご参加いただきありがとうございました

当日のトークセッションを収録した資料入り動画をアースデイ東京のYOUTUBEにアップしております。
リンクを各セッションに付けましたので、そこからご覧ください。

視聴期限は5月16日(日)までです。

または、下記のリンクより一覧からご覧いただけます。

アースデイ東京×FASHION REVOLUTION JAPAN トークセッション一覧

 

 

Fashion Revolution 2021

今年の世界共有のKEY MESSAGE は

「RIGHTS, RELATIONSHIPS AND REVOLUTION」

⼈権と⾃然の権利は相互に関連し、相互に依存しています。私たち⾃⾝の繁栄と幸福、そし

て私たちの地球と海の健康のために、私たちはファッションサプライチェーン内で、そして

⾃然界との相互関係にレボリューションを起こす必要があります。

 

 

Sustainable Fashion Week 2020+1

サスティナブルファッションウィークTOKYO 2020+1

開催⽇時: 2021年4⽉24⽇(⼟)25⽇(⽇) 11:30-18:00(トークは11:00 開始)

開催場所: MIYASHITA PARK 芝生ひろば(東京都渋⾕区神宮前6-20-10)

 

 

今年のFASHION REVOLUTION JAPANがファッションレボリューションウィーク中に行うイベントはアースデイ東京とコラボし、渋谷のMIYASHITA PARKで開催します。サステイナブル・ファッションウィーク2020+1の広告メインビジュアルには、歌手・アーティストのコムアイさんにご協力いただきました。コムアイさんと村田実莉さんが主催するアーティストコレクティブHYPE FREE WATERによるビジュアルが、今年のサステイナブル・ファッションウィークを盛り上げていきます。

これまでアースデイ東京は、代々⽊公園での2DAYSのイベントを開催してきましたが、今年はイベントを拡張し、代々木公園の週末イベントの翌週にFASHION REVOLUTION JAPANと共催という形でMIYASHITA PARKでもサステナブル×ファッションをテーマにイベントを開催。メインステージでのトークセッションとエリア内にサステナブルファッションのブースが並びます。

 

トークセッション

ファッションに関わるさまざまな分野のゲストをお招きし、ファッション産業が環境や社会に与えるインパクト、生産から廃棄の過程での課題と改善に向けた取り組み、生活者ひとりひとりができることなど、多角的にディスカッションを行います。各セッションに2名のゲストが登壇し、それぞれの視点から語り合うことで、共にこれからのファッションのあり方を考えます。

4月24日

11:00-11:45  「ファッション産業の透明性を考える」

小出 大二朗(豊島株式会社: 東京本社 営業企画室)
福留 聖樹(サスティナブルアイディエイター:Firsthand )
モデレーター:鎌田 安里紗(FASHION REVOLUTION JAPAN:プロデューサー)

13:00-13:45 「ファッションから目指すカーボンニュートラル 」

池村 祐子(レンチングファイバーズ:ジャパンマーケティング・事業開発マネージャー )
蓑輪 光浩(オールバーズ合同会社:マーケティング本部長)
モデレーター:辻井 隆行(社会活動家 / ソーシャルビジネスコンサルタント)

14:30-15:15 「洗濯からはじめるサステナブルファッション」

藤本 朱美(株式会社アダストリア:経営企画室 CSR アシスタントマネジャー)
茂木 貴史(洗濯ブラザーズ:ゼネラルマネージャー)
モデレーター:鎌田 安里紗(FASHION REVOLUTION JAPAN:プロデューサー)

16:00-16:45 「ファッション産業が環境に与える影響とは?-把握と改善に向けた挑戦-」

井上聖子(株式会社アシックス:サステナビリティ統括部 サステナビリティ部 環境・コミュニティチーム マネジャー)
永田 綾(京都市:エネルギー政策部長 元 環境省ファッションと環境タスクフォース副リーダー )
モデレーター:辻井 隆行(社会活動家 / ソーシャルビジネスコンサルタント)

4月25日

11:00-11:45 「わたしの身体とファッション」

中里 唯馬(YUIMA NAKAZATO:ファッション・デザイナー)
伊藤 亜紗(美学者 / 東京工業大学准教授)
モデレーター:鎌田 安里紗(FASHION REVOLUTION JAPAN:プロデューサー)

14:30-15:15  ファッションテック×サステナビリティ -バーチャルファッションから考える-」

KOM-I (HYPE FREE WATER: 歌手・アーティスト)
藤嶋 陽子(株式会社ZOZOテクノロジーズ:Fashion Tech News)
モデレーター:Yoshiko Kurata(フリーランスライター)

16:00-16:45  「ファッションロス(廃棄衣料)ゼロの社会をつくる」

岩元 美智彦(日本環境設計株式会社:取締役会長)
eri(DEPT Company:代表)
モデレーター:鎌田 安里紗(FASHION REVOLUTION JAPAN:プロデューサー)

<登壇者>

小出 大二朗
豊島株式会社 東京本社 営業企画室

1989年㈱三陽商会入社後、営業、企画を経て、英国ライセンスブランドメンズ総責任者を担当。その後、米国ライセンスブランド事業責任者、マーケティング責任者を経験。2017年豊島㈱入社後、現在、オーガビッツプロデューサー。

 

 

 

 

福留 聖樹
サスティナブルアイディエイター:Firsthand

サステイナブル コンセプトストア「Firsthand」、 ギャラリー・アートトイ・ファッションの3要素から構成されるコンセプトストア「2G」の立ち上げに参画。

 

 

 

 

池村 祐子
レンチングファイバーズ ジャパンマーケティング・事業開発マネージャー

ニチメン株式会社(現 双日株式会社)に入社後、財務、国際貿易、繊維原料輸入内販を経て、2007年より現職。レンチング社の日本でのテキスタイル部門における事業開発やサプライチェーンマネジメント、環境負荷の少ない再生セルロース繊維「テンセル™」ブランドのマーケティングなどの販促活動を主に担っている。

 

 

 

蓑輪 光浩
オールバーズ合同会社 マーケティング本部長

ナイキ、ユニクロ、レッドブル、ビルゲイツ財団にてアスリート契約、イベント、PR広告戦略、商品開発に携わる。2019年よりオールバーズ マーケティング本部長に就任。

 

 

 

 

藤本 朱美
株式会社アダストリア 経営企画室 CSR アシスタントマネジャー

2012年入社。店舗での販売職経験後、2014年にCSR担当職に着任。CSR重点テーマ、活動ビジョンなどの方針策定をはじめ、衣料品回収リサイクル「Play Cycle!」やサステナブルな商品の生産、CSR調達などの具体的な活動まで幅広くCSR業務に関わる。

 

 

 

 

茂木 貴史
洗濯ブラザーズ ゼネラルマネージャー

#洗濯ブラザーズは、横浜においてシルク・ドゥ・ソレイユの舞台衣装をはじめ、ポール・マッカートニー、ブルーノ・マーズなど国内外のトップアーティストのライブ衣装をクリーニングするオリジナリティ溢れるクリーニング店「リブレ ヨコハマ」を運営。

 

 

 

 

井上聖子
株式会社アシックス サステナビリティ統括部 サステナビリティ部 環境・コミュニティチーム マネジャー

2005年アシックス入社。アシックスと米国大学の共同研究プロジェクトの一員として、シューズ1足のライフサイクルでのCO2排出量を業界内で先駆けて算出。現在は、サステナビリティ戦略、コミュニティ・エンゲージメントなど幅広い分野を推進。

 

 

 

 

永田 綾
京都市 エネルギー政策部長
元 : 環境省ファッションと環境タスクフォース副リーダー

2005年環境省入省。2020年に環境省に有志の「ファッションと環境タスクフォース」を立ち上げ,副リーダーとしてサステナブルファッションを広めるべく活動。今年4月より現職にて,京都市における脱炭素ライフスタイルの推進などを担当。

 

 

 

中里唯馬 
YUIMA NAKAZATO  ファッション・デザイナー

自身の名を冠したブランドYUIMA NAKAZATOを主宰。2016年からパリ・オートクチュール・ファッションウィークにてコレクションを発表。一人一人の個性に合わせた衣服を、より多くの人に届けることを目指す。

 

 

 

 

伊藤亜紗 
美学者 / 東京工業大学准教授

主な著作に『目の見えない人は世界をどう見ているのか』(光文社)、『どもる体』(医学書院)、『記憶する体』(春秋社)、『手の倫理』(講談社)。第42回サントリー学芸賞受賞。

 

 

 

 

KOM-I
HYPE FREE WATER 歌手・アーティスト

1992年生まれ、神奈川育ち。「水曜日のカンパネラ」のボーカルとして、国内だけでなく世界中のフェスに出演、ツアーを廻り、その土地や人々と呼応しながらライブパフォーマンスを創り上げる。音楽活動の他にも、モデルや役者、ナレーターなど、様々なジャンルで活動。

 

 

 

藤嶋 陽子
株式会社ZOZOテクノロジーズ Fashion Tech News

東京大学文学部卒業後、ロンドン芸術大学セントラルセントマーチンズにてファッションデザインを学ぶ。現在、東京大学学際情報学府博士にも課程在籍、理化学研究所革新知能統合研究センターのパートタイム研究員兼務。2019年入社、現在は新規事業部門にて「Fashion Tech News」の運用にも従事。専門は文化社会学、ファッション研究。

 

 

 

岩元 美智彦
日本環境設計株式会社 取締役会長

2007年1月日本環境設計を設立。資源が循環する社会づくりを目指し、リサイクルの技術開発だけではなく、メーカーや小売店など多業種の企業とともにリサイクルの統一化に取り組む。2015年アショカ・フェローに選出。

 

 

 

 

eri
DEPT Company 代表

1983年、NY生まれ、東京育ち。motherなどさまざまなブランドを手掛け、2015年に父の跡を継ぎ “DEPT”を再スタート。NY在住の文筆家・佐久間裕美子と社会問題をメインテーマにPodcast”もしもし世界”の配信を始めるなどファッションの枠を超え活動している。

 

 

 

 

 

<モデレーター>

Yoshiko Kurata
フリーランスライター

1991年生まれ。国内外のファッションデザイナー、フォトグラファー、アーティストなどを幅広い分野で特集・取材。これまでの寄稿媒体に、i-D JAPAN、STUDIO VOICE、SSENSE、VOGUE JAPANなどがある。

 

 

 

 

辻井 隆行
社会活動家 / ソーシャルビジネスコンサルタント

1968年生。早稲田大学大学院社会学科学研究科(地球社会論)修士課程修了。99年、パートタイムスタッフとしてパタゴニア東京・渋谷ストアに勤務。2009年から2019年まで日本支社長。退職後の現在は、自然と親しむ時間を大切にしながら、企業やNPOのビジョン・戦略策定を手伝いつつ、自律分散型社会の実現に向けた小さなプロジェクトに関わる。

 

 

 

鎌田 安里紗
FASHION REVOLUTION JAPANプロデューサー

衣服の生産から廃棄の過程で、自然環境や社会への影響を意識する”エシカルファッション”に関する情報発信を積極的に行い、ファッションブランドとのコラボレーションでの製品企画、衣服の生産地を訪ねるスタディ・ツアーの企画などを行っている。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科後期博士課程在籍。

 

 

 

 

 

 

配信について
FASHION REVOLUTUON JAPAN(@fashionrevolutionjapan )のインスタグラムアカウントより、インスタライブでの配信を行います。
また、イベント終了後2週間、アーカイブ動画をアースデイ東京公式Youtubeチャンネルよりご覧いただけます。
FASHION REVOLUTION JAPAN INSTAGRAM ACCOUNT  @FASHIONREVOLUTIONJAPAN

 

ブース出展

MIYASHITAPARK サスティナブルライフスタイルブースにはアースデイ東京2021実行委員会チーム、特別協賛、協賛企業による、ビューティ、ファッション、フードのライフスタイルブースを展開します。最新のサステナブルファッションの素材やブランドも登場。

三井物産アイ・ファッションShowrooming&Store

素材開発から行う「ANNUAL」、「WA.CLOTH®」、「Annaut」、「MALIBU SHIRTS」、4つのエシカルなブランドをご紹介します。
https://cloth-app.com/etc/5018/

 

 

 

 

 

 

植物由来の再生セルロース繊維 「テンセル™」「ヴェオセル™」
#checkwhatsgoodSNS環境キャンペーン紹介。アンケートに回答&Instagramで植物由来&完全生分解する「エコバック」や「フェイスパックシート」をプレゼント
https://www.tencelveocel.com/cp/tencel_ol/
https://www.tencelveocel.com/cp/veocel_ol/

 

一般社団法人日本オーガニックコスメ協会
「日本オーガニックコスメ協会」の出版物と国産オーガニックコスメ販売、コスメセミナー開催。

 

Be
アクティブオーガニックブランド「Be」です。今回はユーグレナさまの「GENKIプログラム」と連動している新商品の配布を実施致します。

 

WONDER SHAPE
水を汚さない地球に優しい機能素材WONDER SHAPEが手掛ける『家で試着できる』パンツブランド
http://wondershape.jp/

 

アシックスジャパン株式会社
アパレルリサイクルのサステナブルシューズ「Earth Day Pack」と応援購入による子どもスポーツ支援「Green Bag Project」の紹介
https://www.asics.com/jp/ja-jp/mk/sustainability

 

MODALAVA
新品廃棄在庫をクリエイティビティで解決するリメイクコミュニティ「アトリエヒキツギ」のリメイクコンテストで受賞したアーティストの作品等を展示致します。これまで開催したリメイクコンテストでは述べ400名以上が参加し、2000着以上のお洋服をリメイクで救済。2021年3月からはコミュニティwebサイトをローンチし、リメイク作品のコンテストや展示等を通してファッション業界の廃棄削減に貢献しています。
https://www.a-hikitsugi.tokyo/

 

LUNA BURGER×Tokyo Vegan supported by Vege for peace
サスティナブルな食事として注目を集めるヴィーガン。フェスでも行列ができる人気のヴィーガンハンバーガーが登場します。今回は楽しいイベントからヴィーガンを発信するTokyo Veganとのコラボが実現。美味しい食事を食べながら、環境と食事のことがよくわかるヴィーガンブースです。

・LUNA BURGER(ルナバーガー)
“人に優しく 未来に優しく” を事業理念に、健康負担、環境負担の少ない100%植物性ヴィーガンバーガー専門フードトラックとして都内各地に出店。
2019年開業以来、全く新しい次世代型バーガーとして多くの方に支持されて来ました。
現在は都内各地に出店の他、オンラインショップでも販売を行う。
https://lunaburger.base.shop/

・Tokyo Vegan(トーキョーヴィーガン)
Tokyo Veganはヴィーガン コミュニティの発展を目指し、世界の運動と連帯しています。
2006年の設立以降、交流の場であるミートアップ、オンラインを含めたソーシャルイベント、学びを提供するトーク、フェスでの情報ブースなど活動は多岐にわたり、事実に基づく情報をSNSでボランティアが協力し、二か国語で発信しています。
また、2019年から超党派議員によるベジ議連に参加し、日本をもっとヴィーガンに優しい国にするため奮闘しています。メンバーは現在8,400人。

・Vege for peace
地球にやさしい食をヴィーガン普及プロジェクトとして飲食店応援クラファンや、医療従事者支援などの活動を行う。農水省・環境省連携あふの環プロジェクトで新宿ヴィーガンスタンプラリーを企画。プロデュースした伊勢丹新宿店初となるヴィーガンイベント「ヴィーガンコレクション」は開店待ちとなるほどの好評を博した。

 

スローコーヒー

アースデイ東京とは
1970年に始まった「アースデイ」は、世界175カ国、約5億⼈が参加する世界最⼤の地球フェスティバルです。
⺠族・国籍・信条・政党・宗派をこえて、地球環境を守る意思表⽰をする国際連帯⾏動として様々な環境活動をリードしてきました。
⽇本では2001年にアースデイ東京が始まり、代々⽊公園でのフェスティバルを中⼼に活動を続けていく事で、今では当たり前となった「エコ」や「オーガニック」という概念を様々な領域に浸透させるだけでなく、⾃然エネルギーの普及やゴミを出さないイベントのあり⽅を提⽰するなど⽇本における環境活動の先頭に⽴ってきました。

 

【開催概要】
タイトル:サスティナブルファッションウィーク2020+1 @MIYASHITAPARK
日程 :2021 年 4 月 24 日(土)、25 日(日)
時間 :11:30~18:00(トークは11:00 開始)
会場 :渋谷区立宮下公園 / RAYARD MIYASHITA PARK(芝生エリア)※広さ約1000平米
住所 :渋谷区立宮下公園 渋谷区渋谷1丁目26−5
主催 :アースデイ東京2021 サスティナブルファッションウィーク実行委員会
共催 :ファッションレボリューションジャパン

 

【協賛企業】

 株式会社アダストリア / JOCA / スローコーヒー / 豊島株式会社 / Be / 三井物産アイ・ファッション / MODALAVA / 特定非営利活動法人 洋服ポストネットワーク協議会 / LUNA BURGER / レンチングファイバーズ

 

イベント連動企画

サステナブルWEEKに連動してMIYASHITA PARK2FにあるFirsthandの店舗内にてPOP UPを開催します。

Firsthand の店舗内にある3MのアートウォールがFASHION REVOLUTIONに染まります!また、店舗内では、4月24日、25日の週末にLA発の人気ブランドA LOVE MOVEMENTと豊島株式会社True cottonの協賛によるカスタムワークショップをFASHION REVOLUTION特別企画として開催します。

また、店内にある自販機では、サステナブルWEEKに出店の洋服ポストに洋服を持って来られた方が体験できる仕組みも

サステナブルWEEKにぜひ、Firsthandの店舗にもお越しください。

 

 

 

詳細:

<ART WALL>

ファッション産業の抱える環境や人権などの課題にフォーカスしたコラージュ写真や

FASHION REVOLUTIONが掲げるハッシュタグのグラフィックを展示

 

<A LOVE MOVEMENT × TRUE COTTON >

自分だけの1着をミュージシャンや俳優、NBAプレイヤーからも愛されるブランド「A LOVE MOVEMENT」のパッチをトレーサビリティ管理されたオーガニックコットン「TRUE COTTON」Tシャツにカスタムできる期間限定ワークショップ

 

<洋服ポスト × 自販機アクション>

ご自宅に眠っているお洋服を会場の洋服ポストまでお持ちください。

お預かりした洋服は世界の誰かのお気に入りとしてリユースされます。

「眠っている洋服で世の中をちょっと良くする仕組み」に参加いただいた方には、Firsthanad店舗内の自販機で使用できるコインをお渡しします。何が出てくるかはお楽しみ!

洋服ポスト https://www.yofukupost.net/about/

 

流れ(やり方):

MIYASHITA PARK屋上の受付カウンターで洋服をポスト!

受付完了書をお渡しします。(画像の写メを撮っていただきます)

受付完了書をMIYASHITA PARK2FのFirsthandの店舗(屋上カウンターからエスカレーター下ってすぐ)のスタッフにお見せください。店内の自販機で使用できるコインをお渡しします。

何が出てくるかはお楽しみ。素敵なプレゼントをご用意しています!

 

回収できるもの:

1人さま 10点まで

毛布系、ぬいぐるみは今回は受け取れませんのでご注意ください。

 

店舗詳細: Firsthand (RAYARD MIYASHITA PARK North2F

 

 

ファッションレボリューションの背景

2013年4月24日、バングラデシュの首都ダッカ近郊にある「ラナ・プラザ」ビルが崩壊し、1,100名以上もの衣料労働者が亡くなった事故が起こりました。

このビルには、ヨーロッパの大手ファッションメーカーが多く入っており、その安全管理や働き手の人権の扱いが疑問視されました。この事故を受け、イギリスが本部となり、翌年2014年より4月24日を「ファッションレボリューションデイ」として、世界各地でファッション産業を変革するためのグローバルキャンペーンが始まりました。2016年から「ファッションレボリューションウィーク」として1日に限定せず、さまざまなイベントを呼びかけています。日本はキャンペーン始動当初の2014年から参加しています。

ファッションレボリューション概要

 

概要はこちら

 

 

参加方法

個人参加方法をダウンロードする

 

 

全国で
ファッションレボリューションを
盛り上げよう!

ファッションレボリューションジャパンでは、全国でファッションレボリューション2020のイベント企画をしてくださる方を募集しております。東京一局だけではインパクトは少ないです。全国各地でファッションレボリューションのイベントを開催し、ファッション産業の透明性を高めていけたらと思います。イベントの仕方については、下記の「主催イベント用アイデア集」をダウンロードしてください。FASHION REVOLUTIONでは毎年キービジュアルを用意しています。ご使用されたいイベント主催の方は japan@fashionrevolution.org までご一報をお願いいたします。告知などもお手伝いさせて頂ければと思います。

また、このキャンペーンは世界規模のキャンペーンで毎年、その国でのインパクトをまとめて本部に提出しております。全国でどのような動きがあったのかなど、ぜひ本部まで結果のシェアをお願いします。それらを集計し、英国の本部に日本のインパクト結果を送りますので、イベントを開催される方は、イベント内容や参加人数の報告などもイベント終了後にFASHION REVOLUTION JAPANまでご報告ください。

主催イベント用アイデア集をダウンロードする

 

ファッションレボリューションの
ブランディングガイドライン

 

 

独自でイベントを計画中の方で、ブランディングガイドに掲載されている

今年のキャンペーン素材が欲しい方は

FASHION REVOLUTION JAPANまでお問い合わせください。

 

 

 

お問い合わせ

ファッションレボリューションジャパンへのご連絡は
こちらのフォームをお使いください。

メールでのお問い合わせは japan@fashionrevolution.org までお願いいたします。

TWITTER
FACEBOOK
INSTAGRAM

 

 


RESOURCES

Fashion Transparency Index 2020

Fashion Transparency Index 2020

世界の主流ファッションブランドと小売業者250社を対象に行われた調査社会的・環境的な方針と実践、そしてその影響についての情報をどの程度開示しているかを元にランク付けされています。

READ

MEET THE TEAM

Country Coordinator

Io Takemura

Io Takemura

Country Co-ordinator

View bio

Country Team

Arisa Kamada

Arisa Kamada

Producer

View bio
Keisuke Saito

Keisuke Saito

Producer

View bio
Genki Nakamura

Genki Nakamura

Zero Waste Producer

View bio
S__12132354
S__12132360
DSC06875
S__12132356
S__12132357
S__12132359

SUPPORT US

Fashion Revolution is only five years old and already the world’s largest fashion activism movement.
We will continue to push for greater transparency through investigative research, inspiring informative content and creative events, but we need your help.
DONATE

Contact form

  • This field is for validation purposes and should be left unchanged.

Follow Fashion Revolution Japan on social media