良いものは良い!古い着物とトキメキで新しい価値を生み出す 田舎発ファッション「もんぺる」 An interview with mont-pell, a local fashion group in Japan:Creating new values from old Kimono and sparking joy.

By Fashion Revolution

4 months ago

 

あなたの部屋のクローゼットや実家のタンスに、眠っている服はありませんか?

形が古くなったり、少し体型に合わなくなったり…

でも、捨てるのはもったいない。

一説によると、処分される95%の服は、リサイクルやアップサイクルができるそうです。

(参考:https://fashionforgood.com/reuse/

 

今回、広島県の山のなか北広島町で、

着物のリメイク商品「もんぺる」を製作し、

田舎発のファッションと、小さなエコフレンドリー革命を実践するグループ、

「もんぺる」さんにお話を伺いました。

(もんぺるメンバー:入澤良枝、河野弥生、前田奈津枝、森脇智子/敬称略)

Have you heard about Kimono which is a traditional Japanese garment? Nowadays, lots of Western fashion brands are inspired by Kimono and everyone loves the comfort and versatile style of this design.

Today in Japan, lifestyle has become increasingly westernized. There are less opportunities to wear the national dress such as at a wedding party or a funeral. As a result, the old Kimono like grandma wore is kept unused in the wardrobe.

In this post, we hear from mont-pell which is a citizen group in Hiroshima who upcycles old Kimono. Also, they have a principle to start small eco-friendly revolution in a gentle way. To find out more about how it all happens, I chatted to the members who are Yoshie Irisawa, Yayoi Kono, Natsue Maeda and Satoko Moriwaki.

 

既にあるものを生かして、新しいファッションの価値を創る

What is mont-pell and how did it start?

「きっかけは、手作りのものを売るワンデイショップで、色々な着物リメイク商品がある中、とりわけ人気があったのが「もんぺ」だったんです。それを販売したら、意外と人気が出て地域で話題になり、どんどん広まっていきました。」と、代表の河野さん。こんな活動楽しいなと思っていた頃、身近な人から「もんぺを履いて楽しむことを、もんぺるって呼んだら面白いんじゃない?」と何気なく言われ、「もんぺを履いて『くらす・あそぶ・はたらく』で愉快に過ごそう!」をキャッチフレーズに、このスタイルを発信しようと思い付きました。

「当初はリメイクする着物を、知人から貰ったり、古着屋で手に入れていたんですが、新聞などで活動が紹介されるようになると、色んなところから『活用してほしい』と送っていただいたくようになりました。良い生地は購入もしています。古い着物は、そでや裾が短かくて現代人の体型に合わないことが多く、着物として着るのはハードルが高い。その点で、もんぺるはすごく着やすいと思います。上着にリメイクするのも良いんですが、もんぺるは上に合わせるものを変えると、色んなファッションを楽しめるし、男性も着られるので、とても広がりがあると実感しています。」

So mont-pell(もんぺる) is the name of our product which makes a pun on “monpe(もんぺ)”.  Monpe are work pants from the old days in Japan. We started to make upcycled old Kimono for a handmade shop at a local event, and they become popular day by day. At the same time, we also had the idea that by calling them “mont-pell” you would cheerfully enjoy to live and work with monpe because our purpose is not only selling products but also enjoying to live in a community.

We used to buy old Kimono to make our products at second hand shop. Thankfully our supporters now send us their personal possessions after some newspaper and web media reported of our activity. We sometimes purchase cloth of good quality.

Actually, most of Japanese don’t know how to dress in Kimono well because it’s difficult to wear it and the old Kimono length is too small for modern Japanese. However, being remade into mont-pell, you can easily wear it and you can enjoy all kinds of fashion style, allowing you to change your top.

ファッションは自分のもの!着こなしを縛られない、それぞれの楽しみ方

Can you explain recommended points of mont-pell?

「不思議なことに、もんぺるを履いていると、東京の友達から『私もほしいんだけど、どこで買えるの?』と聞かれたり、ブランド物を着ているようなオシャレな人からよく声を掛けられたりするんですよ。」と笑うのは、もんぺるのロゴをデザインした、絵手紙教室も開く入澤さん。

「古い着物の生地は、品質が良くオンリーワンなので、目を引くんでしょうね。田舎にはいっぱい良いものがあり、それに気付いてくれる人たちがいるのは、とても自信になります。私たちは、都会からの情報を受けるだけでなく、発信する存在でいたいです。」目をキラキラさせながら、もんぺるの可能性を話してくれる森脇さんは、700年以上の歴史を持つ枝宮八幡神社をお守りしつつ、捨てるようなものを利用して書アートに取り組むアーティストでもあります。

実はもんぺる、細身・すそ絞り・サイド切り替え・ワイドパンツ風など、色んなパターンがあり、メンバーは着こなしの相談にも乗ってくれます。お客さんの素敵なところを、さらに引き立たせるようなもんぺるの履き方・楽しみ方を考えていると、胸のあたりがゾワゾワして嬉しくて仕方ないのだとか!

ヨガを教える前田さんは、「生徒さんが『もんぺ先生』って呼んでくれるんですよ。この辺の地域では、ヨガはあまり馴染みがないんですが、もんぺが合わせることで、ハードルが下がって親しみが湧くらしいです。」とくすぐったそうに笑います。動きやすくて可愛いデザインが大好きで、年間360日はもんぺるを履き、ファッションアイコンとして、県内外でアピールしているそう。

Curiously enough, when we walk on the street in a city like Tokyo wearing mont-pell, sometimes people who wear high fashion brand ask us where they can buy these bottoms because they recognize good quality and unique design of old Kimono. We are so happy to get such positive feedback and this brings confidence to us. There are a lot of valuable things from the country and we would like not only to accept information from a big city, but also to inspire them.

We have many different kinds of our products such as slim, wide leg, drawstring hem around ankles and so on. We are always excited to have a talk about how to dress our customers. Everyone has a great personality and we believe that our products can emphasize their treasure.

身近なリメイクを通して考えるサステナビリティ

What do you think about sustainability?

「現代は、めまぐるしく世の中も環境も変わり、災害などの大変なことも頻発していて、社会全体の閉鎖的な空気に危機感を覚えます。(インタビュー時は2020年2月末。新型コロナウイルス感染症対策が本格化した頃。)そんな時代だからこそ、自ら動いて、横のつながりも持ち、地に足をつけて生きていきたい。一気に大きなことはできないけれど、楽しく活動する中で、自分の関われるところから変えていきたい。もんぺるは、その象徴でもあるんです。」と、河野さん。

過疎化の進む地方だからこそ、顔の見える関係性は強みであり、安全な暮らしへの担保にもなります。ファッションを楽しみながら、身近な生活から未来のサステナビリティを模索するもんぺるは、モノの価値と一緒に、生き方のヒントも教えてくれます。

 

今後は、誰もが作れるように手作りキット販売拡大や、ワークショップも予定しているそうなので、興味のある方は、ぜひチェックしてみてください!

Today, our society and environment are changing with dizzying speed and extraordinary events such as natural disaster and social disorder frequently happen (for instance, COVID-19 had begun at the time of interviewing). We heighten the sense of crisis over social stagnation and intolerance. We would like to be willing to take action, to cultivate a lateral relationship and we want to be down-to-earth. Our goal is to inspire others positively through our activity. Mont-pell is a symbol of our attitude toward our life.

 

もんぺるFacebookページ:https://www.facebook.com/monpelife/

もんぺるInstagramアカウント:monpelife

Please check their social media pages below.

Facebook:https://www.facebook.com/monpelife/

Instagram:monpelife

————————————————————————————————————

 

 

インタビュー・文/松田 美紀

by Miki Matsuda